2020年3月15日(日)ベルサール高田馬場にて、人気FPSゲーム「レインボーシックスシージ」の大規模イベント「レインボーシックス フェスティバル」が開催されました。

今回は、Yura選手とSimotuki選手の電撃トレードが発表され、さらに、先日開催された「APAC NORTH 日本代表決定戦」にて、1位通過で見事日本代表として、APAC NORTHリーグに参戦することとなった「GUTS Gaming」に、Yura選手加入後のチームの変化や、今後の目標をお聞きしました。(インタビューは2020年3月15日に実施)

――まずは3位おめでとうございます。試合の感想をお聞かせください。

CrazyPapioN:このメンバーでの初陣としてはいい結果だったと思います。トレード移籍でYura選手がDetonatioN GamingからGUTS Gaming に来てから初めてのオフラインの大会で、特に緊張することもなく楽しくできたので良かったかなと思います。

僕らはプロリーグが近いので、何を課題にしてやっていくのかってところを明確にした上で、特にコミュニケーション面を重視して臨んで、そこが上手くいったことでラウンドを多くとることができたので、目標の設定とそれに対する達成ができたので、満足しています。
※インタビュー時はプロリーグ後半戦開始前

Light:言いたいこと全部言われたので、同じでお願いします(笑)。

Lily:Yura君が移籍してきてから初めての大会だったんですけど、みんないい感じに動くことが出来て、いいプレイを見せれたんじゃないかなって思います。

――Yura選手加入後、チームの変化はありましたか。

CrazyPapioN:コミュニケーション面が一番大きいですね。元々GUTS Gamingはあまり喋らないチームで、Yura選手がチームに入るまでは僕がずっと喋っている形だったのですが、5人全員が喋ることができるチームになってきました。GUTS Gamingが「攻撃が遅い」って言われていたのも、コミュニケーション面でのことだったので、そこが解消できてよかったです。

Light:Yura選手は味方の距離感をみるのが上手い選手なので、僕らも刺激を受けて、「この距離感で動いた方がラウンドが取りやすいな」だったりの判断ができるようになってきているので、チームとして成長しているのかなと思いますね。

――Yura選手は、GUTS Gaming加入前と加入後の印象の違いはありましたか。

Yura:DetonatioN gamingでは僕が主導で話をして進めていくチームだったので、GUTS Gamingでは全員で話して全員で進めていけるので、僕としては1人の負担が減っていますし、僕の話を汲み取ってくれようとする姿勢が一人一人にあるので、僕自身プレイしやすい環境で本当にありがたいです。

――メンバーから見たYura選手の印象を教えてください。

CrazyPapioN:僕としてはDetonatioN Gaming時代のプレイを見て「突っ込みがちだな」というのを感じて、自分一人で状況を打破しなければ気が済まない人なのかなって思っていたんですけど、話してみて、ミーテイングを重ねていくことで「無理しなければいけない状況の時にそうしていたんだ」ということが分かりました。

そうしたことが分かったことで、僕としては舵を取りやすくなりましたね。僕らはYura選手がいかなければならない状況にしないですし、指示の理解度も高いので非常にいいチームになりました。話が通りやすいっていうのが一番ですね。

――コーチからはいかがでしょうか。

Cloud:元々DetonatioN Gamingで一緒に戦ってきたチームメイトだったこともあって、プレイスタイル的にはチームに合うっていうことは分かっていたので、加入してもらってよかったなって思っています。

――新シーズン「Void Egde」についての感想をお聞かせください。

CrazyPapioN:コンテンツ的に面白い要素が増えてどんどん楽しくなってきていて、僕らとしては頭を使ってプレイしているので、日々脳に刺激を受けるアップデートを続けてくださっているので、常に楽しいなと感じています。

Lily:今シーズンのオペレーターではないですが、WAMAIが入ることで、WAMAIとJAGERの組み合わせだったりが流行るんじゃないかなと思ってますね。

――今年の目標を教えてください。

全員:もちろん世界一位ですね。

――最後にファンに向けて一言お願いします。

CrazyPapioN:親のように心強く応援してくれる温かいファンの方が多くて、僕らも温かい気持ちでプレイさせていただいています。そうした応援が僕らの力になるので、これからも見守っていただけたらなって思います。

インタビュー時、残念ながらJJ選手はエキシビジョンマッチで不在でした